全国高等学校PTA連合会大会

平成26年度 全高P連大会(福井大会)

 平成26年度全国高等学校PTA連合会大会福井大会は「教育と考福~未来に引き継ぐ知と恵み~」のテーマのもと、8月21日(木)22日(金)23日(土)の3日間、鯖江市のサンドーム福井を主会場として、福井市、敦賀市、越前市の7つの会場で開催された。全国から9,500名、本県からは約290名の会員が参加した。

  

 第64回 全国大会 

文部科学大臣表彰    金沢桜丘高等学校PTA

全国高P連会長表彰 

  ○ 個人表彰    

            元  良典(前県高P連副会長・小松市立高校)

            石村 高志(前県高P連副会長・志賀高校)

役員等表彰       梅原 竜一(全高P連監事・元高P連会長・金沢桜丘高校)

                                   荒井徹成 (前県高P連会長・全高P連広報委員会委員・金沢辰巳丘

                  高校)

 

 

 

 午後は、地元山口県出身で、日本総合研究所調査部主席研究員の藻谷浩介氏の記念講演をスタートに、7会場で行われました。山口県スポーツ文化センターアリーナでは、京都大学大学院医学研究科准教授 木原雅子氏による青少年の健全育成に係る研究発表がありました。そのほか、山口市と宇部市の6会場で、4つの分科会と3つの特別分科会が行われ、実践事例報告や講演、パネルディスカッションを通して熱心な討議が展開されました。